ゲイパートナーを探す

ゲイパートナー探しはむずかしくない 専門サイトと大手マッチングサイトを活用してゲイパートナー探し

ゲイパートナーを探す時にはどのようなサイトを使っているでしょうか。

 

最初に思いつくのはゲイ専門のマッチングサイト。それ以外にも、男女が利用する大手マッチングサイトの存在も見逃せません。

 

理由は、大人向きの掲示板の中には、同性愛やゲイのジャンルを設置してくれているところもあるからです。

ゲイ専門マッチングサイトなら遠慮なく利用できる

一般的なマッチングサイトの利用では、なかなか思うようにゲイパートナーを見つけられない方は、ゲイ専門のマッチングサイトの利用が良いかもしれません。

 

同性愛の出会いには、他に女性同士もありますよね。しかし、レズの出会い専門サイトは、ゲイ専門出会いサイトよりもはるかに少ないようです。

 

このことから、男性同士の出会いでゲイ専門マッチングサイトを利用する人は、多いことが裏付けられているともいえそうです。

CRYSTAL BOYS(クリスタルボーイズ)

男性同性愛が集まるコミュニティサイトが名前の通りCRYSTAL BOYSです。

せっかくゲイパートナーを見つけても、遠くの地域の人だったら、出会いは実現しませんよね。

 

地域別登録制を採用しているので、遠距離同士でメッセージのやりとりは出来ても、出会いは実現しない事態を未然に防げるので時間のロスも気になりません。

 

CRYSTAL BOYSでは、会員登録の際に住まいの選択が必須事項になっているので、登録段階でエリアをギュッと絞り込んでいるともいえます。

Ikemen Cafe(イケメンカフェ)

Ikemen Cafeはゲイにとどまらず、女装娘・ニューハーフの方の利用も想定しています。CRYSTAL BOYSと同じく地域別登録制を採用しているのが特徴です。

Ikemen Cafeはポイント制ゲイ専門サイトで、新規無料会員登録を行うと、3000円分のお試しポイントを手に入れられます。

 

1ポイントは10円なので、300ポイントが貰える計算です。

 

プロフィール検索など、メール送信やメール閲覧以外ポイントはかからない親切設計なので、お試しポイントを有効に活用できそうですね。

MEN'S CLUB(メンズクラブ)

国内最大級の男同士の出会いに特化したサイトがMEN'S CLUB。サイトの説明を見ると、毎日全国で13000名を超える方に利用されているようなので、男同士の出会いを求めている方が多いのがわかって喜んでいる方もいらっしゃることでしょう。

登録はニックネーム、年齢、メールアドレスの入力が必要ですが、地域や体型、ポジションなどは選択式になっているので、1分もあればラクラク無料登録できそうです。

 

ちなみに、ポジションはネコ、タチ、リバの3種類から選べ、わからなくても登録可能なので安心です。

G!!!

出会い達成率の高さが人気のG!!!は、2002年に出会い掲示板サイトからスタートして現在に至っている、とても歴史のあるサイトです。

 

2000年代の初めは、恋愛を目的にした大手マッチングサイトも登場している頃になります。

入会費、月会費ともに無料で、サイト利用者へのアンケートによると出会いが見つかったと回答した方は、全体の7割を超えています。

 

このような高い出会い達成率を成し遂げているのは、理由があるはずです。

  • イベント開催
  • アピール機能
  • 無料動画観覧

など、他のゲイ専門出会いマッチングサイトに無い機能が充実しているのも大きいと考えられます。

 

特に定期的に開催されるメンバー限定のオフ会やパーティーは、バーベキューやカラオケにとどまらず、さまざまなスポーツイベントで裸の付き合いが出来るのもポイントです。

 

ゲイの出会いでもオンライン上で待ち合わせまで完結させることは可能です。ただし、いきなり一対一で出会いよりも、同じ目的を持った多くの人と触れ合うことで、新しい出会いに発展することも決して珍しくありません。

 

その意味で、オフ会などを通じて、一対多の環境でパートナー探しを行いたい方にG!!!は最適といえます。

利用者数にこだわるなら大手マッチングサイト

2000年代初めから多くの人に利用されているマッチングサイトは、それだけでも信頼を裏付けています。

 

男女が利用するマッチングサイトでは、同性愛の出会いは難しく感じられるかもしれません。ですが、まじめな出会い向きの掲示板とは別に、大人の出会いに特化した掲示板も設置しているので、心配無用です。

 

ただし、同性愛と書いてある掲示板では、女性同士なのか男性同士なのかは実際に検索してみなくては分からないので注意が必要です。

 

より的確に男性同士の出会いを求めるなら、ゲイジャンルのある掲示板があると心強いです。

 

さらに、プロフィール検索や掲示板検索のキーワードにも注目しましょう。「ゲイ」や「同性愛」で探せるようなら、ゲイの出会いにも使いやすいからです。

 

それでは、大手マッチングサイトの中から、ゲイを含めた同性愛の出会いに役立つサイトを紹介していきます。

同性愛ジャンルの掲示板があるPCMAX

PCMAXの掲示板はピュアとアダルトの二つがあり、アダルトの中にマイノリティーがあります。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAXの説明によるとマイノリティージャンルは、

 

「ニューハーフやゲイ、同性愛の方の為のジャンルです。」

 

と書かれているからゲイの出会いに使えそうなのがおわかり頂けるでしょう。

 

掲示板検索は男性であれば、女性がヒットしますが、同性愛ジャンルの中から相手を探す際には、男性が検索結果に表れる仕組みになっています。

大人の募集に「男同士」あり安全性も高いワクワクメール

ワクワクメールの掲示板はピュア募集と大人の募集の二本立てになっています。ゲイの出会いなら、迷わず大人の募集に注目。その中にゲイの出会いにピッタリな「男同士」が用意されています。

 

男同士の掲示板には、男性が表示される仕組みになっているのが、他の掲示板との違いです。

 

メッセージの書き込みは1日1回無料で行える親切設計になっています。

ワクワクメールで忘れてはいけないのが、セルフィー認証。セルフィー認証は、免許証などと一緒に自撮りした写真を送ると、プロフィールにセルフィー認証バッジが表示され、あなたの信頼が客観的に証明されます。

 

冷やかしにあった経験のある方は、セルフィー認証済みの相手を探すと同時に、あなた自身もセルフィー認証してしまえば、安心してゲイパートナーを探せるようになります。
男同士の掲示板を見たところ、すでにセルフィー認証済みの男性もいらっしゃいました。

ゲイ掲示板があるイククル

イククルはピュアとヒミツの掲示板があり、ヒミツの中にゲイ掲示板が含まれています。

ゲイ掲示板を見ると、閲覧した人の数が目のマークでわかるようになっていて、多くの男性が注目しているのがわかります。

 

イククルはポイントを使うほど、イククルGが貯まる仕組み。貯まったイククルGは10G=1ポイントのレートで、ポイントに交換できます。

掲示板に書き込んでも返事がもらえないならタイトルを疑ってみる

マッチングサイトでは待っていても届くのは業者メールくらいなので、掲示板を積極的に活用する必要があります。

 

ただし、掲示板に書き込んでも、返事が来ないどころか、見てももらえないのなら、幽霊会員一直線。

 

実際に、マッチングサイトでは、実際に継続して利用している人は少ないので、ライバルはあまり気にしないことです。

 

掲示板に書き込んでも、反応がなければ理由を探してみて改善につなげていきます。

 

ここからは、実際にイククルの掲示板投稿履歴を利用して行った改善方法を書いていきます。

掲載順位と閲覧者数を確認できるイククルの掲示板投稿履歴

マッチングサイトでも、データを有効に活用すれば、出会いの確率を高められます。

  1. 必要なデータは、
  2. 返事をくれた相手
  3. 掲載順位
  4. 閲覧者数
  5. 公開時間
  6. 掲載エリア

の5つがわかると対策が取れます。

 

イククルではこれらすべてが掲示板投稿履歴で確かめられます。

 

これらの5つのデータがあれば、掲示板に投稿しているのに、まったく反応がない状態をなくせるはずです。

誰からも読まれないならタイトルを疑え

考え抜いて投稿した文章も、誰からも読まれなければがっかりですよね。この理由で考えられるのは、

  • タイトルのインパクトがない
  • 掲載エリアが良くない
  • 公開時間が良くない

の3つ思い浮かびます。特にタイトルは重要で、本文に書かれていることがどれほど素晴らしくても、タイトルが悪ければ見てもらえないのです。

 

平日の昼間に投稿しても、そもそも働いている人は、投稿されても見られませんし、掲載エリアで登録している人が少なければ、魚のいないエリアで釣りをするようなものです。

 

ライバルの多さも影響します。投稿すると最初はトップに表示されますが、その後別の利用者が投稿すれば、順位は下がっていきます。

 

どれ位の順位なのかは、イククルの掲示板投稿履歴で確認できるので、あまりに順位が下がってしまったら、再投稿して順位を上げる方法もありますが、そもそも閲覧数がゼロなら、タイトルを変えて様子を見ます。

閲覧者数が多いのに返事がもらえないなら本文を疑え

イククルでは中身が見られると閲覧者数がカウントされます。せっかく閲覧者が順調に増えているのに、返事がもらえないなら、本文が原因と考えられます。

 

スポーツ例えると、シュートを打っているのに、ゴールしないようなものです。ゴールを決めるには、精度を高めなければなりません。

 

マッチングサイトだと、本文を工夫したり、プロフィールを充実させたりするのが大切になってきます。

 

本文は500文字以内のサイトが多いですが、そこまでの文字数は必要ありません。思いがこもっていれば、ツイッターと同じ140文字でも相手に十分伝わります。

まとめ

各マッチングサイトでは、ゲイ関連カテゴリの掲示板を検索すると、男性がヒットする仕様になっています。通常の恋愛掲示板では、男性が検索すると女性、女性が検索すると男性が表示されるのと対照的です。

 

それぞれのサイトは安全性も高く、ポイントを使うたびにマイルなどをゲットできるので、ヘビーユーザーにもおトクな特典が採用されています。

 

男同士の出会いのためにマッチングサイトを利用したくても、どれ位お金がかかるかわからないから、あきらめている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただし、マッチングサイトの多くは初回にポイントをプレゼントしてくれるし、ゲイなど同性愛に特化した掲示板を設置してくれているので、出会う環境は整っていると言えます。

 

お金のことが気になるなら、マッチングサイトで会いたい男性を見つけてみると、どのようにしたらお金をもっと稼げるか考えるようになるかもしれません。